勝ち組トレーダーまでの軌跡【第3話】|『終わりなき手法探しの旅編①』

 

さて、「私の兼業トレーダーとしての過去12年間を振り返るシリーズ」の第3話になります。

思いのほか長編になってしまっていますが、早速進めてまいりましょう。

 

4.1人目のメンターとの出会い

さて、人生初めての投資スクールに参加した私でしたが、スクール受講後の成績はイマイチでした。

 

ダウ理論など順調に知識を吸収して行った訳ですが、

  • トレンドがまだまだ継続中であると思いエントリーするとすぐ逆行したり…
  • トレンドが反転した!と飛び乗るとダマしだったり…

 

 

まるで誰かが画面の向こうで私の動きを監視していて、負けさせるようにしているのでは?

本気でそんなことを考えることがありました。

 

ストップ狩りなどという言葉もあちこちで囁かれ始めていましたし、ちょっとでも証券会社のことが信用できなくなると、すぐ他の証券会社に移ると行った毎日でした。

 

その一方で相場に関する色々な何故?を解明してくれる情報がどこかにないかと毎日ネットを使って調べていました。

 

そして、2011年…ついに見つけたんです!

 

野川徹6日間集中、無料“動画”講座

 

確か、あるメルマガで紹介されていて、無料だったのでとりあえず登録してみたんです。

結果…大正解でした!!

 

その無料動画は『野川徹のオンライントレードマスタースクール』の講義内容を抜粋したものだったのですが、1日目の

“投資は才能じゃない”

を聞き終えた段階で、ピンと来るものを感じ、正式にスクールに申し込みました。

 

野川さんの事をご存知じゃない方のために簡単にご紹介すると、野川さんは20年以上の投資実績があり、商品先物の世界では知らない人はいないというほどのカリスマトレーダーであり、かつ何人ものプロトレーダーを管理、教育するジェネラルアドバイザーをされているという凄い方です。

 

韓国の最大手電機メーカーSAMSUNG(サムスン)グループの一員である三星先物の自己資金運用をプロトレーダーとして手がけていただけでも凄いのに、尚且つ、プロトレーダー教育でも10年以上に渡って実績を挙げられています。

 

そんな凄い人の講義を聞ける機会は滅多にない!ともう即決しましたね。

もう…この人に連いて行こう!と勝手にメンターになって頂きましたw

 

肝心な講義の内容はというと…

 

野川徹のオンライントレードマスタースクールで学んだこと

  • プロが知っている相場の本質とは?
  • プロは何故勝ち続けられるのか?
  • トレンドに上手く乗れているのに何故ほとんどの人は破産してしまうのか?
  • 資金管理の重要性
  • 相場は何故動くのか?
  • 相場で勝ち残るために必要なもの
  • ポジションの追加方法
  • 根拠のある損切りの仕方
  • 技術面ではなくトレードに本当に大切なもの=自己規律について
  • 相場の優位性(エッジ)とは何か?
  • 常に「何故それは起こっているのか?」を考える!

などなど挙げたらキリがないほど得られたものは大きかったです。

 

 

それら1つ1つが、目先売り買いタイミングや技術ばかりに目が行っていた間違った考えを正してくれました。

 

 

 

 

スクール受講後の感想

プロへの指導実績があるだけあって、とにかく教え方が上手です。

トレンドを買い方勢力と売り方勢力の戦争に例えるなど、丁寧な口調で、例え話も絶妙だし理路整然としているので頭にすーっと入ってきます。

私は動画を10回以上は見ました。

 

スクールを受講してもう8年経ち、その間色々な教材などで勉強して来ましたが、未だに野川さん以上にわかりやすく相場の事を語ってくれる人に出会っていません。

 

あなたにも是非紹介したいところですが、残念ながら今はスクール生の募集はしていないようです。

こういうところも野川さんらしくて、単なるお金儲けのために出してるような他の教材とは明らかに違います。

またどこかで野川さんの情報を入手したら是非ご紹介したいと思います。

 

 

 

その素晴らしい野川さんのスクールですが…

学んだ知識を実際の相場でどう生かすかは結局の所、学んだ本人次第です。

 

私自身がまだまだ未熟だったため、せっかくの知識をどう生かせば良いのか漠然としていて、なかなか自分のトレードに落とし込めていませんでした。

 

このスクールでは出来高の話などが出てきます。

どちらかというと株式や先物寄りの内容となっていたのです。

 

前回、相場の本質的な知識はどんな相場でも使えると書きましたが、FXには明確な出来高がないので、その部分は切り捨てる必要がありました。

 

スクール内で紹介されていた主な手法は日足のギャップアップなどを利用したスイングトレードでした。

 

そこで、もっと野川さんの色々な話が聞きたいと思い、応用編である

『野川徹トレーダー養成講座 売買戦略徹底マスター編』

にも立て続けに申し込みました。(こちらも現在募集していないようです)

 

この売買戦略マスター編で、

「野川さんが20年掛けて辿りついた相場の結論」

に触れることができたことが今でも私の大きな財産となっています。

 

 

具体的には4つの戦略を学びました。

  1. トレンドフォロー戦略
  2. スイングトレード戦略
  3. ブレイクアウト戦略
  4. オーバーシュートの逆張り戦略

の4つです。

野川さんに言わせれば、この世の中に投資の手法は山の数ほどあるが、戦略という大きな枠で見た場合、上記4つのうちのどれかでしかないとのこと。

 

よって…この

4つの戦略を理解さえすれば、あっちのあの人の投資法が儲かりやすいとか、こっちの人の投資法は簡単で分かりやすいとか、そういうものに振り回される必要がなくなってくるんです。

 

なぜなら、結局のところ、どんな手法を用いたとしても、4つのうちのどれかの戦略を使って売買しているに過ぎないからです。

 

この養成講座では分かりやすく4つの戦略の特徴が詳しく解説されていました。

 

  • 4つの戦略を使った投資法はどういうものなのか?
  • 各戦略ごとに勝率は異なるが、それは何故か?
  • 各戦略は相場のどういう優位性を利用したものなのか?

 

これを理解していれば、あとはタイミングの違い、時間軸の違い、獲りたい値幅の違いがあるだけです。

 

つまり、

自分性格、トレードに使える時間、資金量、妥協できる勝率などによって、自分にぴったり戦略・投資法を確率させていけば良い

ということです。

 

繰り返しになりますが…

どういう投資がトレンドフォローなのか?ではなくて、トレンドフォロー戦略が

  • “相場の何を優位性として捉えているか?”
  • “その戦略の利益の源泉はどこにあるのか?”

と言う事を理解する事が大事なんです!

 

これに気付けたことが、

トレードスキルを上げる大きな1つのきっかけとなりました。

 

 

そして、このシリーズまだまだ続きます…

私の12年間の経験は、過ぎてしまった今振り返るとあっという間な気がしますが、こうやって文章にしてみると、改めて結構良い経験してきたんだと痛感しています。

 

やはり失敗から学んだ経験の方が価値がありますね!

これを見て、あなたにも何か1つでも得られるものがあれば幸いです。

 

>>『兼業トレーダー歴12年の軌跡 第4話』はこちら

 

 

第1話 : 怖いもの知らずで有頂天だった自分

第2話 : ドン底から這い上がる

第3話 : 終わりなき手法探しの旅編①(→今ここ)

第4話 : 終わりなき手法探しの旅編②

第5話 : 覚醒編

 

>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG