サポートラインとレジスタンスライン

【教えて!】FXでサポートラインやレジスタンスラインを見る手法って何?

サポートラインとレジスタンスライン

 

FX投資をするなら、さまざまな手法を理解し身に付けておくことが大切。サポートラインやレジスタンスラインを見ることも売買する上では重要です。詳細について見てみましょう。

相場展開を見極めるために

FX投資で成功するためには、一にも二にもチャートの動きを見極めることが重要です。相場の展開を予測するためには、テクニカルやファンダメンタルズはもとより、過去のトレンドや経済指標、各国中央銀行の為替政策などのたくさんの要因に注目しなければなりません。

そんな中、投資家やトレーダーが重要視するのが、サポートラインやレジスタンスラインを見る手法です。この手法をしっかりとマスターすることで、乱高下する荒れた相場展開でも落ち着いてFX投資を楽しめるようになります。

サポートラインとレジスタンスラインって何?

「そもそも、サポートラインやレジスタンスラインって何なの?」という人もいるのではないでしょうか。これからFX投資で稼ぎたいなら、理解しておくべき用語の一つです。わかりやすくいえば、それぞれ下値支持線と上値抵抗線ということができます。

「支持線」と「抵抗線」という言葉を聞くとなんとなくイメージがつくという人も多いかもしれません。いうまでもなく、相場は常に上下の動きを繰り返しながらチャートの形成をしています。安いと思えば買い注文が入り、反対に高いと判断されれば売られることになるでしょう。

相場が下落して上昇に転じるポイントを結んだラインが、すなわちサポートライン。「これ以上は下がらない」という判断のもと、多くの買い注文が入るポイントです。一方、相場の上昇局面で下落に転換するポイントを引いたラインをレジスタンスラインと呼びます。「買われ過ぎ」と考える投資家やトレーダーからの売り圧力が重しとなって過熱警戒感のサインが出た証拠です。

ついついタイミングを逃さないために

サポートラインとレジスタンスラインの見極めができるようになれば、FX投資で成功をおさめる可能性は高くなります。他の投資家やトレーダーよりもチャートの先読みができるようになるため、展開を予測することも可能になるでしょう。

サポートラインがわかることで、絶妙な買いのタイミングでの注文が可能です。「あれこれと迷っているうちに相場が上昇してしまった」などの事態も回避できます。一方、レジスタンスラインを知ることで、売却の好機を逃すことも減らすことができるのではないでしょうか。

上昇局面ではついつい手仕舞のタイミングを逸してしまうことも少なくありません。冷静で客観的な取引をするためにも知っていて損はない手法です。

サポートラインとレジスタンスライン
最新情報をチェックしよう!
>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG