FXチャート 有料ソフト

【検証】FXチャート分析のための有料ソフトの選び方

FXチャート 有料ソフト

 

FXのチャートの有料ソフトは過去の値動きを分析したり、これからの値動きを予測したりすることが出来る便利なツールの一つです。

無料のチャートソフト:メタトレーダーにも、検証機能はついてますが、使い難い部分もあったりするし、リアルタイム環境下でのトレードの練習となると、不十分に感じます。

できるだけリアルなトレードを練習するためには、どうしても有料ソフトの方に分があります。

 

そこでこの記事では、有料のチャート分析ソフトの選び方や注意点などについて詳しく解説します。

 

 

 

選び方①:テクニカル分析の機能はあるか

FXで最も大切だと言っても過言ではないテクニカル分析。

出来るだけ利益を出すためにも、テクニカル分析機能が充実している有料ソフトを選ぶようにしまましょう。

テクニカル分析の機能があれば売り時や買い時を見極められます。

 

過去の値動きをチャートで表して、パターンやトレンドを考えるのが一般的な過去相場の分析方法です。

また自分がこれからどのような分析をしていきたいのか、どんな手法で勝ちにいきたいのかイメージがしやすくなります。

 

私自身、トレード時に必要なテクニカル指標としては

  • ボリンジャーバンド
  • 移動平均線

のみあれば十分です。

あと、コレに加えてトレンドライン(チャネルラインも含む)も簡単に引けるとありがたいです。

 

 

チャートソフトを利用するとき、一般的に最低限必要だと言われているのは、

トレンド系のテクニカル指標では

  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • エンベロープ

など。

オシレーター系のテクニカル指標は

  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • モンメンタム

くらいでしょうか。

 

もちろんそれに加えて、移動平均線などの数値はもちろんのこと、各指標の数値もできるだけ細かくイジれた方が良いと思います。

 

なぜなら、勝ち組トレーダーのロジックでは、以上のようなテクニカル指標を使ったものが大部分であるからです。

ですので、どのようなソフトを使えば良いのか分からないときには、その指標を使うか使わないかは別として、最低限これらの機能が入っているのか確認しておきましょう。

 

 

選び方②:画面が見やすいものを

FXの有料ソフトは商品によってデザインが異なり、人によって合う合わないがあります。

画面が見にくいとストレスを感じてしまうこともあり、テクニカル分析に支障をきたすこともあるのです。

ですから使い始める前にはデザインのチェックをして、自分に合うソフトを探すようにします。

 

自分に合うデザインなのかどうか見極めるときにはボタンが押しやすい位置にあるのか、チャートの内容を理解することが出来るかで判断します。

説明書やマニュアルを見なくても感覚的に操作することが出来るデザインであることも重要です。

 

さらにチャートの画面を分割することが出来たりと、機能が充実していることもチェックしたいポイントになります。

 

 

デモトレードが出来るもの

いきなり取引をするのは自信が無い場合や初心者ならば、やはり最初から本番トレードを行うのではなく、デモンストレーションで仮想取引が出来るソフトを選択します。

 

有料ソフトを選ぶとき、実際に取引をして比較するのが一番ですが、資金面でも精神面でもある程度負担が掛かります。

予期せぬトラブルで損失を被ってしまうことが絶対無いと言い切れないので、最低1回はデモンストレーションで取引をしてみることが大事だと私は感じています。

 

これは賛否両論あるところで、

デモトレード=ゲーム感覚

になってしまって逆効果だ…という意見も確かにあるのは事実です。

 

しかし、自分がこのルールでトレードしよう!と決めて本番トレードした時、仮に最初から立て続けに2連敗などしてしまうと、

そのトレードルールでは勝てないのではないか?

と不安になってしまいます。

 

じつはその選んだトレードルールは勝率8割だとすれば、トレード10回後に

✖✖○○○○○○○○ (8勝2敗)

という結果になる可能性だって有り得ます。

最初から2連敗しただけで、そういう可能性を自ら摘んでしまうのは非常に勿体なくないですか?

 

また、

USD/JPYの通貨ペアでは不発なロジックだけど、EUR/USDなら通用するかも?

というケースも普通にあるんです。

各通貨ペアで値動きに癖はありますから…

 

そういうことを避けるために、まずはデモトレードなどで、実際にそのロジックを動かしてみることが必要である…私はそう思うのです。

でもトレードを10回やって、6勝以上できるなら、自信を持って本番に臨めます。

 

そういう意味で、まずはデモトレードができるソフトで、自分の売買ロジックをチェックしてみることは、非常に大切なことです。

 

 

で、私が最もオススメする有料ソフトが「ForexTester 4」です。

まあ有名な定番ソフトですね…

ここまでデモトレードの重要性を説明してきましたが、デモトレードは特に私のようなサラリーマントレーダーにとっては欠点があります。

それは、リアルタイムでしか検証できない…ということです。

 

FXは基本的に24時間トレードできますが、各時間帯でも値動きは変わってきます。

仕事などで、ずーっと相場に張り付いて居られない場合は、デモトレードすら難しいですよね?

 

でもこの「ForexTester 」であれば、自分がトレード開始したい時点まで遡ることができ、そこから実際に相場が動いた値動きを、忠実に再現してくれるのです。

その値動きリアルさ具合も自分で調整できるし、倍速で相場を流すこともできます。

これって、要するに土日など仕事が休みで、まとまった時間があるときに、いつでもトレードの練習ができるってことです。

流石にソフト自体は約3万円と、それなりに高いのですが、トレード検証の時短や自由さ、リアルさを考えると、めちゃめちゃコスパ良いと思います。

 

  • なるべくリアルタイムでデモトレードする
  • 好きな時間に、好きなだけまとめて検証する

賢いあなたなら、どちらを選びますか…?

 

以上、あなたの「トレードの練習」に今回の情報がお役に立てれば幸いです。

 

 ForexTesterの詳細はこちら

 

 

FXチャート 有料ソフト
最新情報をチェックしよう!
>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG