FXは30万円から

【知りたい!】FXは30万円から始めたほうが良い3つの理由

FXは30万円から

 

FXを始めるときには資金はどれぐらいが良いのか…悩みませんか?

私も初心者の頃は「余裕資金で始める」ということは理解しつつも、じゃあ一体いくらから始めれば良いのか?と結構迷いました。

私がFXをやり始めた2008年頃は、レバレッジも大きめだったため(→確か100倍くらいだったと記憶しています)、約1万円あればドル円1Lotのポジションを持てた時代だったんですよね。

なので、私はキリの良いところで単純に10万円から始めました。

 

しかし、その後レバレッジ規制が入り、現在は国内の取引業者だと25倍程。

ドル円1Lot当たり4万~4万5千円くらいです。

そう考えると、余裕を持った資金管理をするための目安としては、

少なくとも30万円

から始めた方が無難だと思います。

余裕資金という観点で言えば多ければ多いほど良いのですが、最初から大きくポジションを持つべきではないこと、また無理のない範囲で…ということを考慮した結果です。

 

この記事では、この「30万円からスタート」をオススメする理由を詳しくご説明して行きます。

(今後、国内のレバレッジ規制が10倍になる噂もありますが、現時点では先送りになっているのであくまでも今のレバレッジ25倍での話になりますのでご了承ください。)

 

ある程度柔軟なポジションが持てる

FXを始める時に資金を30万からがいい理由としては、これぐらいの資金があればある程度柔軟なポジションが持てるためです。1万円からでも始めることができないわけではありませんが、これぐらい資金が小さいとポジショニングが難しくなってしまいます。

実際にお金を使って操作の練習をするのであれば、1万円から始めるのは悪くありませんが、本腰を入れて取引をするのであればあまりに少額過ぎるのは不便です。

逆にあまり大きなお金をつぎ込むというのもリスクが大きくなってしまいますから、ある程度柔軟にポジションを取ることができつつも、損失のリスクを抑えることができる30万からがFXを始めるときには丁度いい金額ということになります。

それなりの利益を出すことができる

FXは少額でも取引ができるのが魅力ですが、あまりに資金が少ないと利益も小さく意味がありません。だからといって大金を投じるのは大きな利益を手にする可能性を高めると同時に、大きな損失の可能性も高めてしまいます。

30万から始めれば利益が小さすぎるということはなく、損をしても致命的な損失を出してしまうリスクはそれほど大きくありません。FXは再投資をしやすい金融商品であり、再投資をしやすい利益が出せる資金の目安が30万からなので、これぐらいの金額から始めるのがベストということになります。

資金を増やすのはこの段階である程度勝つことができるようになり、精神面でもトレード技術の面でも成長してからで遅くはないので、まずは30万から始めてみましょう。

許容できる損失で抑えられる

30万円という金額は決して安いものではありませんが、失ってしまって生活に支障が出たり、人生に影響が出るほどのものではありません。特にFXはレバレッジを掛けることができることに加えて、投資元本以上の損失が発生しうる金融商品なので資金を増やせば増やすほどにリスクも飛躍的に高まってきます。

30万からであれば多少レバレッジをかけたとしても、相場が急変した際に致命的な損失を出すほどではありませんし、通常であれば30万円が0になった時点で決済をされるので、それ以上損失が発生することはありません。

FXはいかにリスクを抑えることができるかが重要となりますから、資金コントロールの面からもFXを始めるなら30万からが適当な金額になるというわけです。

FXは30万円から
最新情報をチェックしよう!
>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG