FXトレードルールを公開|エントリーの形はシンプルに!

 

この記事では、FX経験8年目でようやく負けないトレーダーに成長できた私の、今のトレードルールを公開したいと思います。

トレードルールと言っても損切りルールとか、資金管理とか色々あると思うんですけど、ここで公開するのはエントリーの形です。

 

FXトレードルール【エントリーの形】を公開

過去には色んなインジケーターの数字ばかりを追いかけていた私ですが、そんな私が行き着いた先はとてもシンプルなものでした。

もちろん、インジケーターの数値は環境認識の際に、今でも参考程度に見てますが、本来重視すべきなのは値動き(=ローソク足)そのものなハズです。

なぜなら、インジケーターの数値は全て、その値動きから計算等で導き出される数値なんですから。

 

ということで、エントリーに関してはあくまでもローソク足の値動きだけで判断しています。

結果的に今の私のエントリールールは非常にシンプルとなり、エントリー基準は下記の4つのみです。

エントリールール

 

  • ①と②が買いのサイン
  • ③と④が売りのサイン

 

この4つは全てチャートを見ているトレーダー達の心情の変化に着目したポイントです。

①レジサポ

レジスタンスラインだったところを越えてきて、今度はそこがサポートラインになった

→ 安心して買えるな


②サポサポ

前回の安値で値動きが止まった

→ 下がらないなら上がるしかない


③レジレジ

前回の高値を越えられなかった

→ あれ?買い方の勢いが無くなってきたな…

→ 上がらないなら下がるしかない


④サポレジ

サポートラインを割り込んで戻ってきたけど、結局反発した

→安心して売れるな

こんな風に考えながらエントリーしています。

 

その他の根拠、例えばMA反発などは後付けの理由です。

勝つ確率をより高めるための単なる道具でしかありません。

 

逆に言うと、MA反発などの理由がいくつあっても

この4つの形がなければエントリーは見合わせます。

 

 

しかし実は…

これらエントリーの形より、もっと大事なルールがあります。

 

それは…

この4つの形が出たら全てエントリーするわけではない

ということです。

 

最も私が重視しているのは、

どこでその形が出たのか?

です。

 

つまり、相場背景(大きい足)がどういう状況の中、その形が出たのかを重視するということです。

 

そのためには、エントリーのタイミングを測る時間足ではなく、

より大きい時間足の高値・安値などの重要な節目、より大きい時間足が示すトレンドに対して見ている時間足の直近がどういう動きなのか?

を把握しないといけません。

 

相場背景があってこそ、そのエントリー基準に根拠が生まれるのです。

 

 

上で公開したこの4つのエントリー基準は、

あくまでも売買のタイミングを計るためのものでしかない

ことを認識する必要があります。

ポジションを持つためのいわゆるトリガーにしか過ぎないのです。

 

 

もし、今のあなたに確固たるトレードルールがないのなら、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG