為替レートの予想

為替レートを予想する際のポイント|優先順位を意識する!

為替レートの予想

 

この記事では、「為替レートを予想する際のポイント」について説明して行きます。

ただ何となく

  • レートが上がりそうだなぁ~
  • そろそろ下げそうだなぁ~

という思い込みの直感トレードは、ある時に上手く行っても、あくまでも感覚になってしまうので、再現性は確保できません。

つまり、結果的に勝ち続けることはできないのです。

 

自分でコントロールできない為替レートを予想する場合は、きちんと優先順位を意識して行く必要があります。

その理由について、詳しく見て行きましょう!

 

為替レートが進むシナリオに優先順位をつける!

以前、メルマガ読者さんからのメールを読んでいて感じたことんですが、どうも皆さん、

トレンド転換をいかに察知するか?

ということばかりに意識を集中しすぎているように感じました。

 

あなたも無意識なうちに逆張りできるポイントばかり見つけようとしていませんか?

 

そこで、改めて為替チャートを見る際の注意点について、私なりの見解を述べさせて頂こうと思います。

 

いきなり結論ですが、為替チャートを見る際のコツとして、私が一番重要視しているのは

売り買い両方の視点でチャートを見ていくこと

です。

 

 

過去の私もそうなんですが、

  • とにかくロングエントリーがしたい
  • ショートで入るのが苦手

など、片方の視点ばかりでチャートを見ると勝率がなかなか上がって来ないからです。

 

例えば、日足のトレンドが明らかにダウントレンドに突入しているのに、ショートが苦手なので、1時間足でロングエントリーポイントを探す場面を考えてみてください。

ダウントレンド中というのは、明らかに、為替レートの上げ幅より下げ幅の方が大きい相場なわけです。

だから値動きが下に下に行き易いんですね。

でもそんな相場環境でも、「何が何でもエントリーはロング!」と偏った視点になると、為替レートは確実に下がる可能性のほうが大きいのに、相場環境に逆らっているので、バッチバチに喧嘩することになります。

そりゃあ~負けますよ

って話です。

 

もちろん、逆張りが得意でそこばっかりを細かく狙う人もいます。

特にスーパートレーダーに多い印象ですが、私は最初からそこを目指すべきではないと私は思うんです。

 

トレンドの流れと逆方向に逆張りをするんであれば、あくまでも「利益確定の値幅は小さく」ということを念頭にエントリーすべきです。

でも、相場経験が浅かったり、なかなか勝てないトレーダーが、いきなりそれをやるのは精神衛生上もハードル高いと思います。

そうではなくて、トレンドの流れに身を任せて、トレンドが強い方向にポジションを取った方が楽ですし、必然的にトレードの勝率も上がり易いので精神衛生上も健全ですよ。

 

 

これはトレードのシナリオを考える上でも非常に重要なことです。

 

常に売り買い両方の戦略を考え、その場面で一番可能性の高い方にポジションを取っていく。

このスタンスが、負けないトレーダーを目指す上で大事なポイントだと私は考えています。

なぜなら、1つだけの戦略しか考えていないと、相場が思い通りにならなかった時に、修正できなくなるからです。

 

ただ、注意すべき点があって、それは…

トレードのシナリオに優先順位をつける!

ということ。

 

上の例えで言えば、日足の相場環境がダウントレンドなのだから…

まずは為替レートが下がる可能性を最優先で予想する
ことになります。

このように、そういう考え方の癖を付ける!ということが大事です。

 

 

別な言葉で言い換えると、売り買い両方の立場からチャートを見て行くべきなものの、まずは

セオリー通り考えるべき

ということです。

 

具体的にお話しますね。

 

売り買い両方の視点

 

これは直近(2020年1月中旬頃)のEURUSD1H足です。

 

直近までは大きなダウントレンドを形成していたものの、①のサポートラインをキープして反発を確認、しかもダウ理論で言う安値も切り上げてきた(②)

⇨この安値切り上げでダウントレンドが崩れアップトレンドに転換していくかも?

⇨よって買いエントリーする!

 

 

どうですか?

 

②の安値切り上げを見てトレンド転換だ!

とすぐに買いでエントリーしちゃう人いませんか?

 

私の考えでは、実はこういう思考パターンは

勝率を落とすだけで優先スべきではない

と認識します。

 

何故か?

 

先ほど、セオリー通りで考えるべきと書きましたが、この場面に当てはめると

まず直近がダウントレンドであるので、そのトレンドが継続するという考えで

まずは戻り売りポイントを探す

というのがセオリーであるからなのです。

 

この場面の更に先を見てみましょう!

トレードのセオリー

 

結果は、緑の下降トレンドラインで頭を抑えられ、その後もダウントレンド継続で下落していきました。

 

もちろん、これは結果論です。

 

しかし、ここで私が言いたいことは

トレンドが反転するという確率よりもトレンドが継続するという確率の方が高い

ので、その

確率が高い方からシナリオを考えて行きましょう!

ということなのです。

 

トレードはトレンドに乗った方が圧倒的に楽。

というか、よくトレードをサーフィンに例えられたりすることが多いんですが、サーフィンも波に乗ってナンボのスポーツですよね?

同じように相場の世界も、波の無い場面で勝つことは相当難しいのです。

 

そして相場上でのその波は

相場の優位性

と呼ばれています。

この「相場の優位性」という言葉は是非最優先で意識してください。

 

 

ということで話を若干戻しますが、私はこの例に上げた場面で最優先すべき戦略は

③まで相場が来るのを待って③のラインで頭を抑えられたのを確認してからの売りエントリー

これがセオリー通りの無難な戦略であると思います。

 

もし仮に②の安値切り上げでロングエントリーするならば、MAタッチや直近の高値までの小さな値幅を狙ってあくまでも短期勝負で考えるべきです。

間違ってもMAも抜けて来たし、このまま上側の水平ラインまで大きく戻すだろう…という考えを優先させてはいけません。

 

そこまで為替レートが到達する確証はどこにもないので、少しでも怪しい動きを見せたらすぐ逃げるのが鉄則です。

何故ならダウントレンド中なんですから。

 

 

しかし、これが

逆張り目線でトレンド転換だ!

という考えを優先させて考えてしますと、

 

③が絶好の戻り売りポイントなのにも関わらず、これだけのダウントレンドだから

半値戻しとかフィボナッチの38.2%のところまで最低でも上がるだろう…

という、あくまでも相場環境に対して逆張りエントリーであるのに

トレンドフォローをしてしまい、長く持ち続けて撃沈

という事態になってしまうのです。

 

 

結果的に、売り方にとって上手く行ったこの場面が特別というわけではなく、

仮にこのまま見事に相場転換して行ったとしても、為替レートの値動き予想シナリオの優先順位はあくまでもダウントレンドが今後も続くという方を優先して考えるべき

これが私なりの結論になります。

 

ちなみに、

短期逆張りトレードはあくまでも成績が安定してから(トレンドに乗る感覚を身に着けてから)

にすべきだということも忘れずに覚えておいて頂ければ幸いです。

 

以上、具体的な為替チャートで説明してきましたが、上手くニュアンスが伝わっているでしょうか?

 

 

「為替レートを予想する際のポイント」まとめ

以上、私なりの為替レートを予想する際のポイントに対する考えを述べてきました。

 

簡単にまとめると

必ず売り買い両方の売買シナリオを立て、その中で相場環境に沿う(トレンド方向にポジションを取る)というセオリーを優先しよう

ということでした。

しかし、これが絶対的に正解だ!というわけではありません。

あくまでも、まだトレードで結果が出せてないなら、

そのセオリー通りに考えた方が楽ですよ

というだけの話です。

 

 

というのも、逆の考えもあって、

トレンドはどこかで必ず転換する

という思想を優先しているトレーダーさんもいらっしゃいます。

 

これはある教材で実際に使っている手法なのですが、

どこかで本当にトレンド転換した時の大きな利益を獲る前提で、今回の安値切り上げてきた場面ではとにかく果敢に買いエントリーする

というのがありました。

勝率は高くても30%程と決して高くはないのですが、損失:利益=1:3以上になるので最終的に利益は残せるという手法です。

 

 

まあ長期足などと絡めて考えればそれもありなのですが、

何とその手法は4H足しか見ない!4H足だけ見れば十分

と講師の方はおっしゃってたんです。

 

人それぞれで向き不向きはありますが、私はとにかく逆張りの発想を矯正したかったことと、低い勝率を性格的に許容できなかったのでその手法を捨てましたが、多くの生徒さんが実際にいらっしゃるので、その手法で勝っている人もいるのでしょう。

通貨ペアによって、頻繁にトレンド転換が起こりやすい特性があったりしますので、そんな通貨ペアでトレードする際は、トレンドに乗るよりも確率は高いかもしれません。

そして、勝率が落ちても大きい獲物を狙って、実際に多くの利益が獲れると、それはそれは気持ち良いですから。(しかし、利益を伸ばすのは、相当メンタルが強くないと難しいことは覚えておきましょう。)

 

 

ご自分の性格面と、取引する通貨ペアの過去の為替レートの値動きをチェックして決めて頂ければと思います。

 

 

今回の記事は、

  • トレンド方向に上手く乗っかる勝率重視のメンタル的に楽なトレードを目指したい

場合に有効な内容になります。

 

よって、それでも逆張りしたい!という考えを捨てられない場合はスルーしてくださいね。

 

そして最後に一言付け加えさせて頂くと、やはり相対的に見ても、頻繁にトレンド転換を繰り返す通貨ペアよりも、トレンドがある程度続く通貨ペアの方が多いと思いますよ…

 

為替レートの予想
最新情報をチェックしよう!
>無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

無料メール講座「相場を見る視点を変えよう」

相場の優位性・・・つまりトレードに有利な相場環境がなければ、どんなに優秀なトレーダーであっても勝つことは不可能です。
その優位性を見つけるために勝ち組はどんなチャートの見方をしているのでしょうか?
メール講座を通して私なりの回答をお伝えして行きます。
勝ち組トレーダーになる足掛かりとして、是非この無料メール講座を利用してみませんか?

CTR IMG